可能性の獣 ゴロンダ

f:id:tomoyn:20170913193459p:plain

f:id:tomoyn:20170913203720j:plain


どうもおかともです。

シーズン5においてレート2006を達成した構築の1匹であるエースのゴロンダについて記事を書いていこうと思います。


ゴロンダ以外のポケモンに関しては前回の記事をご覧下さい。


f:id:tomoyn:20170913194140j:plain

ゴロンダ@バンジのみ

特性:かたやぶり

努力値H116  A252  S100 残りD


前回の記事のウルガモスの枠をゴロンダにしてサブロムでは潜っていました。


技に関してはタイプ一致で打て確定で急所に当たる「やまあらし」積み技である「剣の舞」分身バトンエースには欠かせない「身代わり」


そして、今回ゴロンダを選んだ理由である「つけあがる」という技です。つけあがるはアシストパワーの物理悪版つまり能力ランクが1つ上がると技の威力が20ずつ上昇するおもしろい技です。このつけあがるはSMになりゴロンダワルビアルが習得しました。



ワルビアルは自信過剰という特性と今回使用した分身バトンとの相性は良かったのですがもう1匹のエースであるボーマンダも「つららばり」が抜群入ってしまいきついと感じ今回はゴロンダを選びました。


つけあがるという技は本当に分身バトンと相性が良く

分身1積み    素早さ6積み     攻撃2積み

すると威力600の化け物技へとなります。


まず等倍で受けるのは不可能です。


構築全体でメタグロスをはじめとする鋼タイプに弱かったのでそれらのポケモンがいれば積極的に出していました。


かたやぶりという特性も優秀で頑丈ポケモンを一撃で倒したりと役立つ場面は多々ありました。


どの相手に対しても剣の舞を積むことができればつけあがるを打っているだけで勝てます。


分身バトンだけではなくイーブイバトンや剣の舞バトンなどとも相性が良いポケモンだと思います。



あなたのバトンパのお供にいかがでしょうか?



また、今作でバレットパンチを習得し

気合の襷で耐えてがむしゃら打ってバレットパンチで処理なんて芸当もできます。



ゴロンダに少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。




シーズン6ではサンダーとともにレート2000目指します!



ここまで読んでくださってありがとうございます😊

また、構築記事書けるように頑張ります!


不器用で器用なミミロップ


f:id:tomoyn:20170913201658p:plain

f:id:tomoyn:20170914001113p:plainf:id:tomoyn:20170914001807p:plain


どうもおかともです!


シーズン5レート2000を達成することができたので記事にしてみよう思います!


では、まず今シーズンこの構築を組むきっかけとなったのがミミロップナイトの解禁です!


現在のレートでのミミロップの持ち物をご存知でしょうか?

f:id:tomoyn:20170824224545p:plain

はい、ほぼメガミミロップですよね!みんなミミロップのメガを1番に警戒しますよね。僕だってその1人です。


そこで前々から強いと思っていたミミロップを使うことにしました。

f:id:tomoyn:20170824232306j:plain

ミミロップ@とつげきチョッキ   臆病

特性:ぶきよう 努力値HSベース

選出率5位

はい不器用チョッキすりかえミミロップです。メガだと思った?残念でしたー(笑)

不器用すりかえをできるポケモンミミロップのほかにココロモリがいますがこの構築のコンセプトに1番合っているのはミミロップでした。何故ならみんなメガだと思うから。物理受けを強烈に呼ぶ。(ここ重要)このミミロップの役割はただ1つカバルドンエアームドその他物理受けにチョッキを押し付けることそれだけです。

この構築は起点を作ってペンドラーで分身してエースにバトンする分身パです。

その中で弊害となる1つがほえる、吹き飛ばしです。前シーズンはこの対策が不十分でなかなか勝てませんでした。

しかし、このミミロップを入れる事でそれが解決、チョッキをすりかえられたカバルドンエアームドはただの起点おまけにバトンを崩される心配がなくなります。(最高かよ)

今期カバルドン入りの構築に対する勝率は9割エアームド入りの構築に対する勝率は10割負けた記憶はありません!


次に、ミミロップの技構成についてです。

役割であるすりかえは確定とし他の技3つはすごく悩みました。すりかえた後こいつ自身で分身を積んだりコスモパワーなどの積み技を使いバトンをすることも考えましたがそれだと後続から出てきたポケモンなどに普通に攻撃を当てられて落とされたり急所に当てられて落とされたりしもし起点が作れていない状態でペンドラーで分身していくと不利な状況に追い込まれます。

なのでミミロップは起点作りと割り切りました。

カバルドンの前ではチョッキをすりかえた後大抵のカバルドンはその後地震を連打してきます。それに合わせて身代わりをはっていきます。その後地震ミミロップを落としてもらいペンドラーを出します。するとペンドラーカバルドン地震を余裕を持って耐えるので分身をどんどん積んでいくチャンスが生まれます。

地震以外の攻撃技、岩石封じや氷の牙などを打ってきた場合は身代わりが残ります。その場合は身代わりを残したままペンドラーにバトンすることでペンドラーが安全に分身を積めます。ここでは2分身くらい積んでおきたいものです。

そして、カバルドンがすりかえた後交代してきた場合には身代わりを残した状態で相手のポケモンと対峙し電磁波をまくことで起点作りに成功したといえます。その後は分身バトンで絡めていくだけで勝てます。


まさに最強の物理受け破壊兵器!!!すり替えをし相手のゴツゴツメットやオボンを没収することで後続の負担を減らすこともできる。

補助技が使えないカバルドンはただのカモ

前まではマッチングしないことを祈ることしかできませんでしたが今回はカバルドンがいるとガッツポーズしてました。


このポケモンを使ううえで気をつけたいことはメガ石持ちとZ技持ちにはすりかえが効かないので持っていそうなポケモンには電磁波を入れ起点作りに徹しましょう。


選出率は低いがこのポケモンがいなければ絶対レート2000は達成できませんでした。2000チャレンジの試合もカバルドンにチョッキをすりかえて勝ちました(笑)



f:id:tomoyn:20170825180644j:plain

ペンドラー@イアのみ   腕白

特性:加速  努力値H252 B236 S20

選出率1位


圧倒的選出率1位全ての試合に出しました。

こいつの自覚で勝つか負けるかが決まります。エースのマンダ、ピクシーにはそれぞれ最低でも2分身を積んだ状態でバトンできれば7割ぐらいは勝てます。ミミッキュのかげうちやガルドのかげうちも身代わりが耐えることができるので本当に強い!一回メガメタグロスしねんのずつきも耐えた時はかっこよすぎた。素早さは1加速で最速130属抜きです。

攻撃技は鋼やバシャーモ及び滅びの歌ゲンガーにとおる地震と選択ですが今回は分身を見たら出てくる黒い霧、挑発レヒレや滅びの歌アシレーヌやカプ系全てにとおる毒づきとしました。オニゴーリに無理やり毒を入れたりでもできたのでこの選択は間違いではなかったと思います。


何百戦と使ってきたのですごく愛着が湧きました。今後分身以外の型も模索していきたいポケモンですね!



f:id:tomoyn:20170825182507j:plain

ミミッキュ@でんきだま  陽気

特性:ばけのかわ   努力値ASベース

選出率2位


読まれにくい起点作り要因相手にカバルドンエアームドがいなければ先発を任せます。

このミミッキュ最大の特徴は「なげつける」

です。電磁波が通らない地面タイプにも麻痺を入れることができます。ほぼランドロスを麻痺させていました。なげつけるをするともう麻痺まきの手段はないと判断して後続から出てきたポケモンにも電磁波で麻痺を入れて起点作りを行います。

なげつけるの利点は相手のタスキやばけのかわを剥がしながら麻痺が入れられる点です。

その他相手の補助技を封じる挑発攻撃技のじゃれつくと汎用性が高いポケモンでした。


7割くらいの先発はミミッキュでした。読まれにくく麻痺をまくという仕事を確実に果たす仕事人でした。この枠にはジャローダがいましたが麻痺まきを読まれて後攻とんボルチェンからタスキを削られてバシャで全抜きなどのルートを取れやすかったのでやめました。良いポケモンを発掘できて大満足です。

みなさんも変な型のポケモンだな(笑)とバカにせず興味を持ったポケモンは1度使って見てください!自分の構築に合うポケモンになりうるかもしれません!



f:id:tomoyn:20170825191252j:plain

ボーマンダ@メガ石   意地っ張り

特性:いかく   努力値H164  A228  S116

選出率3位


もう語ることの少ない分身バトンのエース!

火力、耐久、積み技、回復技エースの資質に必要なもの全てを持ち合わせている。

ペンドラーから2分身積んだ状態でバトンできれば負けることはほとんどない。

圧倒的強さ(カイジのナレーション風)

竜舞を二回積めば2耐えするポケモンはほぼいない。

ギルガルドに対してだけ択をきちんと通さないと勝てないので注意が必要隙を見せればゴーストZで飛ばされます。(2回くらいそれで負けた)


最強の名に相応しい✌︎('ω')✌︎

そんなポケモン



f:id:tomoyn:20170825192736j:plain

ピクシー@光の粉   図太い

特性:マジックガード 

努力値 H164 B228 C28 D4 S84

選出率4位


このポケモンは分身バトンパの裏エースミミッキュの呪いに対抗するためだけに生み出されたポケモン。マンダもですが努力値に関して「くろすけ」さんpkmnbnsn75の調整をお借りしています。


身代わりをはりチャージビームでCをあげアシストパワーで粉砕していきます。

ピクシーの身代わりは読まれにくいのかZ技がよく飛んできました。あくタイプがいても選出を抑制されないチャージビームという技はいいですね。


ミミッキュがいたらほぼ出してました。呪いはほんと怖い。しかし、逆にバトンをミミッキュの呪いで対策している構築には無類の強さを発揮します。相手はたまらず降参することが多かったです。


f:id:tomoyn:20170825194656j:plain


見ての通りの見せポケ。育成していたウルガモスに持ち物持たせて入れただけ(持ち物もっとマシなのあっただろ)


ステロを持ったカバルドンを誘う為に入れたポケモン。ついでにマンダと合わせて積み構築に偽装しているつもり、、、

リザードンXでもよかったのだがメガ枠3枚いるとミミロップがメガを疑われると判断してウルガモスにした。

本当に使うなら炎の舞、キガドレ、身代わり

羽休めとかで使うと強いと思う。

(育成するのめんどくさかったなんて言えない)

エース2匹が鋼に弱いため炎のタイプのエースを探している。

その他剣舞ガオガエンなども候補でしたがこいつあの見た目で炎のパンチ覚えないんですよ、、、悲しいなぁ

この枠しっかりするともっと強い構築になるはず


f:id:tomoyn:20170914001224j:plain

ゴロンダ@バンジのみ

特性:かたやぶり

努力値H116  A252  S100  残りD


詳しくは単体考察記事を書いていますのでそちらを見て下さい!



基本選出

ミミロップorミミッキュ+ペンドラー+エース

これしかしません!

簡単でしょ!



きつかったポケモン

滅びの歌ゲンガー、アシレーヌ

アシレーヌはなんとかなりますがゲンガーは無理当たった時点で運負けです。切ってるポケモンなので仕方ない。


メガメタグロス

耐久が高くエース2匹の技が通りにくい。しかもバレットパンチでピクシーを殴られる。1番苦しかったかも、、、


ギルガルド

鋼というのもあるし耐久が高くめんどくさい。ただブレードフォルムならマンダの1舞恩返しで飛びます。


すり抜けシャンデラ

単純に身代わり貫通されるのが辛い。避けるしかない。


挑発、黒い霧カプレヒレ

ペンドラーにお構いなく後出ししてくる。タイプ相性をご存知でない!?毒づきが半分入らないので結構不利


ニトチャリザX

麻痺を撒いてもお構いなくSを上げてくる

同じ理由でメガバシャーモ。加速は強いんやで。


オニゴーリ

こっちが回避上げても命中上げられると意味なくなるから不利


連続技持ちメガヘラクロスパルシェン

ロックブラストがめっちゃきつい。立ち回りでなんとかして下さい。


ハイボマンダ

これも切ってるポケモンなので仕方ない。


バンドリ

単純に砂を止めにくいのできつい



ここまで読んでくださってありがとうございました!説明下手ですごく長くなってしまいました、、、

まだ、シーズンは残っていますがもう潜らないかもしれないので構築を公開します。



みなさんの健闘を祈ります!

本ロム、サブロムも2000達成できました!!


f:id:tomoyn:20170825201929j:plain

f:id:tomoyn:20170909193604j:plain





シーズン4 分身パ

どうもおかともです。


今期は2000達成できず悔しいシーズンになりましたが色んなポケモン使えて楽しかったです!


何回かパーティーを入れ替えていたのですがその中でも強かった構築を紹介します。


f:id:tomoyn:20170718181955j:plain

ジャローダ@気合のタスキ

努力値CSベース

選出率5位


僕が最も信頼している起点作りポケモン電気タイプがいなければほとんど選出します。

麻痺+1命中ダウンで4割以上の確率で相手の攻撃を避けることができます。

ウルガモスを対面から無傷で突破した時はさすがに申し訳なくなりました(笑)

デメリットとしてはやることがバレバレなので対策ポケモンを用意されやすいこと。後攻とんぼ返りやボルトチェンジからバシャーモに繋がれる動きはすごく嫌でした。



f:id:tomoyn:20170718183348j:plain

オニゴーリ@食べ残し

努力値H172 B36 C4 D44 S252

選出率2位


ポケモン界1の嫌われている顔面。でも、嫌われるには理由がある「強い」からです。どんな不利な対面でも素早さと回避さえ上げてしまえば3タテなんてこともざらにあります。絶望的な状況で素早さ上げて絶対零度ぶっ放して勝ちを拾ったこと何回もあります。すいません(笑)

こいつに必要だと思われるの能力上昇はあきらかに回避率と素早さだと思われます。

そこでシーズン4のほとんどを一緒に過ごしてきた後述のポケモンと組み合わせていました。


f:id:tomoyn:20170718184155j:plain

ペンドラー@イアの実

努力値H252 B236 S20

選出率1位


HB

ギルガルドミミッキュのかげうちを身代わりが耐える


1加速で最速130属抜き


分身バトンといえばバシャーモが有名ですが僕はあえてペンドラーを選びました。理由として環境に多いアシレーヌカプ・レヒレのけん制ミミッキュのじゃれつく半減フェアリータイプに抜群で入る毒づきがタイプ一致で打てる点などです。その他今の環境バシャーモで分身バトンをする意味があまり感じられなかったのと僕が個人的に好きなポケモンだからです。分身してバトンエースへと繋ぐ簡単なお仕事です。シュシュ


f:id:tomoyn:20170718190606j:plain

ピクシー@光の粉

努力値H164 B228 C28 D4 S84

参考元まるパクリやつ

選出率6位


ミミッキュが相手のパーティーにいてピクシーが他にも勝てそうなら迷わず選出するバトンパを呪いミミッキュで対策しているパーティーにはイージーウィンを狙える頼れるやつ

ペンドラーに呪いを打ったミミッキュにドヤバトンをするのが気持ちいい。相手は降参することが多い(笑)チャージビームで悪タイプがいても気にせず選出できるのが強い。


f:id:tomoyn:20170718191421j:plain

ボーマンダ@メガ石

努力値H164 A228 S116

選出率3位


H16n-1 

S準速ガブ抜き


分身バトンエースといえばボーマンダですよね。2分身くらいすれば無双できます。

本当に強いポケモン。以上


f:id:tomoyn:20170718192434j:plain

フーディン@メガ石

努力値H100 B244 C12 D12 S140

選出率4位


S最速135属抜き

あと忘れた


電磁波の命中以外文句なしのポケモンゲッコウガの変幻自在トレースしてエナボで沈めたりバシャーモの加速トレースして無双したりととにかく使いやすかったもっと考察してみたいポケモンである。




以上シーズン4使用パーティーでした。


シーズン5はスペシャルはさかさということで少し参戦してみようと思います!


お疲れ様でした。



加速は積み技

どうもおかともです!(><)


Twitterでアンケート取ったら僕みたいのが書いた記事でも見たい言って下さる方々(飴ちゃんあげたい)がいてくれましたので書かせていただきます!


今回僕が紹介したいポケモンはこの

f:id:tomoyn:20170408222359j:plain

サメハダー(色違いかっこよすぎやろハゲそう)です。僕が2番目に好きなポケモンですね。



サメハダーと言えばメガすることができる数少ないポケモンoras時代からなかなか優遇されている存在であります。しかしながら、レート環境での使用率はそこまで高いわけではありません。そのため中堅あたりのポケモンというイメージが強いかもしれません。



そんな中でさて、僕が今回紹介したいサメハダーの型はズバリ襷特殊型サメハダーです(対面性能の鬼)!!!


性格:控えめ 持ち物:襷

努力値H4.C252.S.252


ねっとう

れいとうビーム

あくのはどう

道連れ


サメハダー種族値

HP70

攻撃120

防御40

特攻95

特防40

素早95


と、かなりとがった種族値をしています(いい意味でも悪い意味でも)

耐久はまったくないので逆にふんぎりがつきます。

攻撃の方が高いのになんでわざわざ特殊?と思う人がいるかもしれませんが特殊することにより役割となるポケモンが変わってきます。


例えば  

攻撃特化メガサメハダー


噛み砕く

H252のギルガルドに対して(100.5%〜119.7%)

無振りのテテフに対して(104.1%〜122.7%)

無振りのウルガモスに対して(105.6〜124.3%)

H252メガハッサムに対して(50.8%〜59.8%)

H252メガガルーラに対して(55.6%〜66.5%)


氷の牙

威嚇込み無振りメガボーマンダに対して(80%〜96.4%)

無振りガブリアスに対して(148.6%〜174.8%)


特攻特化サメハダー


あくのはどう

無振りメガリザードンxに対して(45%〜53.5%

H252のギルガルドに対して(47.9%〜57.4%

H252のクレセリアに対して(43.1%〜51.1%


ねっとう

無振りバシャーモに対して(96.7%〜113.5%)乱数75%

無振りマンムーに対して(98.3%〜116.7%)乱数85%

無振りウルガモスに対して(72%〜86.9%

H252のメガクチートに対して( 40.7%〜48.4%


れいとうビーム

無振りガブリアスに対して(113.6%〜135.5%

無振りメガマンダに対して(116.9%〜138%

無振りランドロスに対して(133.3%〜157.5%


と、このように役割対象の違いやメガと襷で勝てるポケモンが違ったりするのがわかってもらえたと思います。


この型の攻撃技の最大の特徴は追加効果にあります。あくのはどうの†怯み†、ねっとうの†火傷†、れいビの†氷†と不利な状況を逆転したりワンチャン残せたり最後までどうなるかわかりません。そして、この技を毎ターン加速し相手のポケモンの上から圧力をかけていけるのはこのポケモンならではの個性ではないでしょうか。



そして、この型の4つ目の技として†道連れ†を採用しています。襷と合わせ対面性能を高める為に採用しています。襷で耐えて加速しつつ相手を一体突破した後に道連れするもよし、対面不利でどうしても突破できそうにないときは最悪1対1交換に持ち込むこともできます。最近少しずつ数を増やしている影響か道連れが読まれる場面も増えている印象を受けるので挑発やアクアジェットハイドロポンプなどに変えるのもありかもしれません。




本当に環境に刺さっているポケモンだと思うので一度使ってみて下さい!

あなたもサメちゃんの魅力にとりつかれちゃいますよ(╹◡╹)♡



今期は就職したてであまり時間がなく潜れないと思いますがまた落ち着いてきたらレートの方にも潜りたいです!



記事を書くのはまだまだ慣れませんが少しずつ頑張っていきたいと思います!!



最後まで読んでくださりありがとうございました!!(><)







ポリゴンZは電気タイプなり

どうも初めましておかともと申します!

構築記事を書くのは初めてです。


長い間ポケモンをやってきてやっとレート2000を達成出来ましたので記念に書かせていただきます!


読みにくい部分あるかと思いますが最後まで読んで頂けたら幸いです(><)




ポリゴンZ@ノーマルZ

NNポリリズム     性格:臆病     特性:適応力

実数値 

161(4)-×-90-187(252)-95-156(252)


10万ボルト

冷凍ビーム

テクスチャー

身代わり


ダメージ計算


テクスチャー後  10万ボルト

無振りメガガルーラ   87.2%〜103.8%(乱数25%)

HDテッカグヤ   111.7%〜133.3%(確定1発)


テクスチャーにより適応力補正を得られ、どんなタイプにでも変化しつつ、全能力上昇できる神ポケ。最速にしている理由は少しでも速くして上からテクスチャーするためです。




ジャローダ@きあいのタスキ

NNアカカガシ   性格:臆病     特性:天邪鬼

実数値

146(4)-×-115-127(252)-115-181(252)


リーフストーム

へびにらみ

やどりぎのタネ

フラッシュ


今作麻痺は大幅な弱体化を受けましたがやはり4分の1で相手に行動させないのは強いです(笑)そしてフラッシュという技の有用性はハンパではないです。1度使ってみて下さい。闇のポケモン1




バシャーモ@マゴのみ

NNカーネル   性格:図太い   特性:加速

実数値

173(140)-×-132(236)-130-90-117(132)


かげぶんしん

かえんほうしゃ

バトンタッチ

身代わり


素早さ調整

麻痺した準速スカーフガブリアス抜き抜き


前述のジャローダと必ず選出します。ジャローダの麻痺と合わせてかげぶんしんを積めば相手の攻撃は当たりません。運と言われればそれまでかも知れませんが、試行回数を重ねることで運ゲではなく、現実的な確率で避けてくれます。マゴのみで身代わりの試行回数を無理やり増やし相手に絶望をみせます(笑)

t/T様のブログを参考にさせて頂きました。てか、丸パクリです(笑)闇のポケモン2




ボーマンダ@メガ石

NNラファーガ

実数値

201(244)-203(156)-151(4)-×-117(52)-147(52)


おんがえし

羽休め

身代わり

りゅうのまい


ダメージ計算

舞う強い 以上


マンダの強みはバシャから影分身バトンを繋いだ時羽休めと身代わりで避ける試行回数を稼ぎまくれることです。1度避けて1度舞えばそれでほぼ勝ちです(笑)




ガマゲロゲ@たべのこし

NNアサンカ   性格:臆病   特性:貯水

実数値

209-×-95-105-111-125

努力値忘れました)


熱湯

どくどく

身代わり

守る


選出はダントツ最下位ですがこいつのおかげでマリルリ入りのパーティーには負けたことがありません。はらだいこされてもアクジェ無効なので素早さと影分身をバトンできればマリルリを起点に勝てます。ただ他のポケモンでも良かったかも知れません。




ルカリオ@メガ石

NNスプライト   性格:臆病    特性:精神力

実数値

145-×-108-192(252)-91(4)-180(252)


はどうだん

ラスターカノン

悪巧み

身代わり


ダメージ計算

悪い事を考える強い  以上


まさかのジャローダ以外全員身代わり持ち(笑)分身バトンを前提にしているためこいつも身代わりもち。受けループを破壊するために育てられたポケモン。受けループへの勝率は9割です。



基本選出

ジャローダ+バシャーモ+@抜きポケモン

これしかありません(笑)


ほぼ勝てないポケモン

呪いミミッキュ、黒い霧ドヒドイデ、黒い霧カプ・レヒレ

きついポケモン

水手裏剣ゲッコウガ、ハイボ持ちメガマン


その他にもきついポケモンがたくさんいます




あとがき


最後まで読んでいただきありがとうございます!!

すべてのポケモンバシャーモの分身加速バトンを前提にしていますがこれが崩されたときワンチャン残す為に最速にしたり調整を施しています。




今年の夏から実況者として活動を始めたいと思っていますのでその時はよろしくお願いします。


今度はサメハダー軸かサンダー軸で2000を目指します!!!




f:id:tomoyn:20170311105227j:plain