加速は積み技

どうもおかともです。


今期は2000達成できず悔しいシーズンになりましたが色んなポケモン使えて楽しかったです!


何回かパーティーを入れ替えていたのですがその中でも強かった構築を紹介します。


f:id:tomoyn:20170718181955j:plain

ジャローダ@気合のタスキ

努力値CSベース

選出率5位


僕が最も信頼している起点作りポケモン電気タイプがいなければほとんど選出します。

麻痺+1命中ダウンで4割以上の確率で相手の攻撃を避けることができます。

ウルガモスを対面から無傷で突破した時はさすがに申し訳なくなりました(笑)

デメリットとしてはやることがバレバレなので対策ポケモンを用意されやすいこと。後攻とんぼ返りやボルトチェンジからバシャーモに繋がれる動きはすごく嫌でした。



f:id:tomoyn:20170718183348j:plain

オニゴーリ@食べ残し

努力値H172 B36 C4 D44 S252

選出率2位


ポケモン界1の嫌われている顔面。でも、嫌われるには理由がある「強い」からです。どんな不利な対面でも素早さと回避さえ上げてしまえば3タテなんてこともざらにあります。絶望的な状況で素早さ上げて絶対零度ぶっ放して勝ちを拾ったこと何回もあります。すいません(笑)

こいつに必要だと思われるの能力上昇はあきらかに回避率と素早さだと思われます。

そこでシーズン4のほとんどを一緒に過ごしてきた後述のポケモンと組み合わせていました。


f:id:tomoyn:20170718184155j:plain

ペンドラー@イアの実

努力値H252 B236 S20

選出率1位


HB

ギルガルドミミッキュのかげうちを身代わりが耐える


1加速で最速130属抜き


分身バトンといえばバシャーモが有名ですが僕はあえてペンドラーを選びました。理由として環境に多いアシレーヌカプ・レヒレのけん制ミミッキュのじゃれつく半減フェアリータイプに抜群で入る毒づきがタイプ一致で打てる点などです。その他今の環境バシャーモで分身バトンをする意味があまり感じられなかったのと僕が個人的に好きなポケモンだからです。分身してバトンエースへと繋ぐ簡単なお仕事です。シュシュ


f:id:tomoyn:20170718190606j:plain

ピクシー@光の粉

努力値H164 B228 C28 D4 S84

参考元まるパクリやつ

選出率6位


ミミッキュが相手のパーティーにいてピクシーが他にも勝てそうなら迷わず選出するバトンパを呪いミミッキュで対策しているパーティーにはイージーウィンを狙える頼れるやつ

ペンドラーに呪いを打ったミミッキュにドヤバトンをするのが気持ちいい。相手は降参することが多い(笑)チャージビームで悪タイプがいても気にせず選出できるのが強い。


f:id:tomoyn:20170718191421j:plain

ボーマンダ@メガ石

努力値H164 A228 S116

選出率3位


H16n-1 

S準速ガブ抜き


分身バトンエースといえばボーマンダですよね。2分身くらいすれば無双できます。

本当に強いポケモン。以上


f:id:tomoyn:20170718192434j:plain

フーディン@メガ石

努力値H100 B244 C12 D12 S140

選出率4位


S最速135属抜き

あと忘れた


電磁波の命中以外文句なしのポケモンゲッコウガの変幻自在トレースしてエナボで沈めたりバシャーモの加速トレースして無双したりととにかく使いやすかったもっと考察してみたいポケモンである。




以上シーズン4使用パーティーでした。


シーズン5はスペシャルはさかさということで少し参戦してみようと思います!


お疲れ様でした。



加速は積み技

どうもおかともです!(><)


Twitterでアンケート取ったら僕みたいのが書いた記事でも見たい言って下さる方々(飴ちゃんあげたい)がいてくれましたので書かせていただきます!


今回僕が紹介したいポケモンはこの

f:id:tomoyn:20170408222359j:plain

サメハダー(色違いかっこよすぎやろハゲそう)です。僕が2番目に好きなポケモンですね。



サメハダーと言えばメガすることができる数少ないポケモンoras時代からなかなか優遇されている存在であります。しかしながら、レート環境での使用率はそこまで高いわけではありません。そのため中堅あたりのポケモンというイメージが強いかもしれません。



そんな中でさて、僕が今回紹介したいサメハダーの型はズバリ襷特殊型サメハダーです(対面性能の鬼)!!!


性格:控えめ 持ち物:襷

努力値H4.C252.S.252


ねっとう

れいとうビーム

あくのはどう

道連れ


サメハダー種族値

HP70

攻撃120

防御40

特攻95

特防40

素早95


と、かなりとがった種族値をしています(いい意味でも悪い意味でも)

耐久はまったくないので逆にふんぎりがつきます。

攻撃の方が高いのになんでわざわざ特殊?と思う人がいるかもしれませんが特殊することにより役割となるポケモンが変わってきます。


例えば  

攻撃特化メガサメハダー


噛み砕く

H252のギルガルドに対して(100.5%〜119.7%)

無振りのテテフに対して(104.1%〜122.7%)

無振りのウルガモスに対して(105.6〜124.3%)

H252メガハッサムに対して(50.8%〜59.8%)

H252メガガルーラに対して(55.6%〜66.5%)


氷の牙

威嚇込み無振りメガボーマンダに対して(80%〜96.4%)

無振りガブリアスに対して(148.6%〜174.8%)


特攻特化サメハダー


あくのはどう

無振りメガリザードンxに対して(45%〜53.5%

H252のギルガルドに対して(47.9%〜57.4%

H252のクレセリアに対して(43.1%〜51.1%


ねっとう

無振りバシャーモに対して(96.7%〜113.5%)乱数75%

無振りマンムーに対して(98.3%〜116.7%)乱数85%

無振りウルガモスに対して(72%〜86.9%

H252のメガクチートに対して( 40.7%〜48.4%


れいとうビーム

無振りガブリアスに対して(113.6%〜135.5%

無振りメガマンダに対して(116.9%〜138%

無振りランドロスに対して(133.3%〜157.5%


と、このように役割対象の違いやメガと襷で勝てるポケモンが違ったりするのがわかってもらえたと思います。


この型の攻撃技の最大の特徴は追加効果にあります。あくのはどうの†怯み†、ねっとうの†火傷†、れいビの†氷†と不利な状況を逆転したりワンチャン残せたり最後までどうなるかわかりません。そして、この技を毎ターン加速し相手のポケモンの上から圧力をかけていけるのはこのポケモンならではの個性ではないでしょうか。



そして、この型の4つ目の技として†道連れ†を採用しています。襷と合わせ対面性能を高める為に採用しています。襷で耐えて加速しつつ相手を一体突破した後に道連れするもよし、対面不利でどうしても突破できそうにないときは最悪1対1交換に持ち込むこともできます。最近少しずつ数を増やしている影響か道連れが読まれる場面も増えている印象を受けるので挑発やアクアジェットハイドロポンプなどに変えるのもありかもしれません。




本当に環境に刺さっているポケモンだと思うので一度使ってみて下さい!

あなたもサメちゃんの魅力にとりつかれちゃいますよ(╹◡╹)♡



今期は就職したてであまり時間がなく潜れないと思いますがまた落ち着いてきたらレートの方にも潜りたいです!



記事を書くのはまだまだ慣れませんが少しずつ頑張っていきたいと思います!!



最後まで読んでくださりありがとうございました!!(><)







ポリゴンZは電気タイプなり

どうも初めましておかともと申します!

構築記事を書くのは初めてです。


長い間ポケモンをやってきてやっとレート2000を達成出来ましたので記念に書かせていただきます!


読みにくい部分あるかと思いますが最後まで読んで頂けたら幸いです(><)




ポリゴンZ@ノーマルZ

NNポリリズム     性格:臆病     特性:適応力

実数値 

161(4)-×-90-187(252)-95-156(252)


10万ボルト

冷凍ビーム

テクスチャー

身代わり


ダメージ計算


テクスチャー後  10万ボルト

無振りメガガルーラ   87.2%〜103.8%(乱数25%)

HDテッカグヤ   111.7%〜133.3%(確定1発)


テクスチャーにより適応力補正を得られ、どんなタイプにでも変化しつつ、全能力上昇できる神ポケ。最速にしている理由は少しでも速くして上からテクスチャーするためです。




ジャローダ@きあいのタスキ

NNアカカガシ   性格:臆病     特性:天邪鬼

実数値

146(4)-×-115-127(252)-115-181(252)


リーフストーム

へびにらみ

やどりぎのタネ

フラッシュ


今作麻痺は大幅な弱体化を受けましたがやはり4分の1で相手に行動させないのは強いです(笑)そしてフラッシュという技の有用性はハンパではないです。1度使ってみて下さい。闇のポケモン1




バシャーモ@マゴのみ

NNカーネル   性格:図太い   特性:加速

実数値

173(140)-×-132(236)-130-90-117(132)


かげぶんしん

かえんほうしゃ

バトンタッチ

身代わり


素早さ調整

麻痺した準速スカーフガブリアス抜き抜き


前述のジャローダと必ず選出します。ジャローダの麻痺と合わせてかげぶんしんを積めば相手の攻撃は当たりません。運と言われればそれまでかも知れませんが、試行回数を重ねることで運ゲではなく、現実的な確率で避けてくれます。マゴのみで身代わりの試行回数を無理やり増やし相手に絶望をみせます(笑)

t/T様のブログを参考にさせて頂きました。てか、丸パクリです(笑)闇のポケモン2




ボーマンダ@メガ石

NNラファーガ

実数値

201(244)-203(156)-151(4)-×-117(52)-147(52)


おんがえし

羽休め

身代わり

りゅうのまい


ダメージ計算

舞う強い 以上


マンダの強みはバシャから影分身バトンを繋いだ時羽休めと身代わりで避ける試行回数を稼ぎまくれることです。1度避けて1度舞えばそれでほぼ勝ちです(笑)




ガマゲロゲ@たべのこし

NNアサンカ   性格:臆病   特性:貯水

実数値

209-×-95-105-111-125

努力値忘れました)


熱湯

どくどく

身代わり

守る


選出はダントツ最下位ですがこいつのおかげでマリルリ入りのパーティーには負けたことがありません。はらだいこされてもアクジェ無効なので素早さと影分身をバトンできればマリルリを起点に勝てます。ただ他のポケモンでも良かったかも知れません。




ルカリオ@メガ石

NNスプライト   性格:臆病    特性:精神力

実数値

145-×-108-192(252)-91(4)-180(252)


はどうだん

ラスターカノン

悪巧み

身代わり


ダメージ計算

悪い事を考える強い  以上


まさかのジャローダ以外全員身代わり持ち(笑)分身バトンを前提にしているためこいつも身代わりもち。受けループを破壊するために育てられたポケモン。受けループへの勝率は9割です。



基本選出

ジャローダ+バシャーモ+@抜きポケモン

これしかありません(笑)


ほぼ勝てないポケモン

呪いミミッキュ、黒い霧ドヒドイデ、黒い霧カプ・レヒレ

きついポケモン

水手裏剣ゲッコウガ、ハイボ持ちメガマン


その他にもきついポケモンがたくさんいます




あとがき


最後まで読んでいただきありがとうございます!!

すべてのポケモンバシャーモの分身加速バトンを前提にしていますがこれが崩されたときワンチャン残す為に最速にしたり調整を施しています。




今年の夏から実況者として活動を始めたいと思っていますのでその時はよろしくお願いします。


今度はサメハダー軸かサンダー軸で2000を目指します!!!




f:id:tomoyn:20170311105227j:plain